読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンアートアカデミーがオススメ 2017年度

ポケモンが好きなので!ポケモンのイラストが沢山入っているこのソフトを通じて絵が好きになってくれるといいです。喜んでくれたので良かったです。ヘタでもいいので(というか中盤以降は同じの描けないから・・)どんどん進めていきとりあえず技術を学べばフリーで色々かけて楽しいと思う。

いまオススメの商品!

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

ポケモンアートアカデミーポケモンアートアカデミー

詳しくはこちら b y 楽 天

かなり大きなサイズなので、(重さではなく見かけの大きさ)とりあえず葉書サイズは問題なし。幼稚園や低学年は多分面白くない。私の好きな機能は「サッピツ」「マーカーでの影(スクリーントーン)」★ポケモンイラストとしての感想は、ぶっちゃ難しく感じる。。が。TVのCMを見て!8歳の娘が欲しい欲しい!と言うので購入しました。練習して使いこなせるようになればポケモンだけでなく、お絵かきソフトとしてオリジナルの色々な絵も描けるようになり楽しいと思うのですが、そこまで興味を持つにはうちの子には少し早かったかな。クリスマスプレゼントに買いました。6歳の娘がとても欲しがっていました。あと!娘の興味がポケモンから妖怪ウォッチに変わったので!イラスト見本がポケモンしかないというところものめり込めない原因の一つかも。自分が描いたポケモンの絵をカードイラストにして保存できるので嬉しいみたいですね。ですが、すぐに難しくなっていくので「疲れる」「上手く描けないから嫌だ」と言って次第に遊ばなくなりました…。DSでこんな事ができるなんて思いもしませんでした。」と言っていました。)ゼニガメは一度レッスンをして(左)その後フリーペイント(右)で描いたものです。背景あわせると3。ポケモンとして発売しているけど、描くイラストは何でも可能なので、たとえばブログの画像をちょっと描くなんてことや、出先でお絵かきしてコンビニでプリントするなんて事も可能。ポケモンの可愛いキャラクターが簡単に描けて良かったです。色を塗ってもマーカーは消えない。娘に。★そして絵を活用できる!SDカードにjpegで保存できるので!それをPCや複合機などで(マイクロであればスマホも可のはず)保存したり!プリントができる。★かなり実用的に絵が描ける!絵の具風・パステル風・色鉛筆風・サインペン風などなど。意外と書いて見るとそうでもない。マーカーでふちを描いて!それを塗る感じ。画材の種類が豊富で、ペンの太さや色を選べたりと、パレット機能が充実しています。★技術的な面で言うと、レイヤーは2つあります。値段も安いので。娘の誕生日プレゼントでの購入^_^予想していたより早く届いてよかったです( ´ ▽ ` )子供に頼まれて購入しました。よかったです。絵が簡単に描けるみたいで!届いてすぐに!三つほどかいていました。逆にマーカーを消しても色は消えない。子供の誕生日プレゼントに購入しました。操作が簡単で解説も分かりやすいので描きやすいようです。★画像について ダストダスはオリジナル。商品がまだ届いていませんが!子供たちは喜びそうです。普段からポケモンの絵を描いていたので分かりやすい解説で上手に描けるので楽しいようです。これはスマホでは絶対にできないであろうソフトなので3DS買ったもののゲームに無い人や、絵を描くのが好きな人はかなりオススメです。戻る・進む・スポイトなどがボタンでできて!十字で拡大スライドで移動と!PCよりもある意味使いやすい。。届いてから夢中で描いてます。大人でも、遊べる感じも良かったです。★ソフトが誰向けかというと・・・。★背景も3DSに入る画像であれば設定できるので、その画像を背景にして、自分で好きなイラストを描くこともできる。すごく喜んでいましたが,データセーブに難ありみたいです。なぞって描くのが楽しいようです。それ以上可能かも。ルカリオミュウツーは上級出でくるがどっちもヘタ過ぎで、全く見本と異なる(フリーザいれちゃったし。注文後のメールもきちんときて商品もおそからずきたのでいいとおもいます。しかし、小学校高学年以上で絵が好きとか、同人やってるとか、イラスト好きであればフォトショップのような感じなので、かなりオススメ。以前出た!絵心みたいなやつかなと思い!子供には無理かなと思ってましたが!子供がどうしても欲しいと言うので購入。小さい子供や小学校低学年より、どちらかというと小学校高学年〜大人の方が楽しめるかも。親が書いて子どもにプリントしてあげるとか、その他活用法は色々あるが。ぬり絵なんですね。「ポケモン以外のキャラも描けたらいいのにー。最初はごくごく簡単なイラストからスタートなので取り組みやすいです。発送は非常に速く!注文したその日に発送して頂き!翌日には届いたので満足です。レッスンを受けないと出てこないキャラや画材が限られているものがあるので注意です。